サッシ間の音漏れも防げる二重窓~高い防音を手に入れるガラス交換~

防音ガラスの仕組み

そもそも家の中にいて音が気になるようになるのは、何故なのでしょうか。それには、実は窓が大きく関係しているのです。

音は窓から伝わる

外で発生した騒音は、窓ガラスから伝わるものです。外壁は窓ガラスよりも厚さがあり、さらに壁の中には断熱材や防音材が含まれていることもあるため、外壁を通してであれば騒音が伝わることはほとんどありません。しかし、単板ガラスのような薄い構造のガラスですと、外壁のように音波を防ぐ素材が全くないため、外からの騒音をほとんどダイレクトに伝えてしまいます。

防音対策には二重窓が効果的

外からの騒音を防ぐため、または室内で音楽などを楽しむために音を漏らしたくない場合であれば、窓を二重にするとよいでしょう。二重窓は、複層ガラスや合わせガラスのような、2枚のガラス板を重ねた窓ではありません。部屋の内側に新しく窓を取り付ける、いわゆる「内窓」のことを指しています。窓を二重にする効果は、単純にガラス板の枚数が増えたことで遮音性が増すだけのものではありません。気密性が高くなることで、サッシの間から侵入する音を防げるため、高い遮音性が発揮できるのです。二重窓は同一のガラスを張り合わせるわけではないので、複層ガラスのようなコインシデンス効果による共振も起こらない点も、騒音対策に選ばれる理由です。

二重窓の取り付けが難しいケース

様々な二重窓の種類

内倒し窓
内倒し窓は、名前の通りドアを内側に引っ張ることで開けることができる窓です。ドアに取り付けられた頑丈なストッパーによって、ガラス板は支えられます。このタイプに窓ですと、二重窓を取り付けるとガラス同士がぶつかってしまうこととなります。二重窓にしたいのなら、サッシごとガラス交換をする必要があります。
ドアクローザーがある窓
内側へ引っ張る内倒し窓とは対照的に、玄関扉のように外側へ開け放つ窓をドアタイプ窓と呼びます。ドアタイプの窓には、開閉のスピードを調節するドアクローザーが必ず付けられています。二重窓を取り付ける場合、ドアタイプの窓はドアクローザーが邪魔となってしまうため、取り付けは難しくなります。窓ガラス交換を行なう業者は、ふかし枠の設置をすることで、ドアタイプの窓へ二重窓にすることができます。
障害物がある窓
窓ガラスに防犯用のブザーなどの特殊な設備が設置されている場合、二重窓の設置はできません。しかし、ブザーの取り外しができれば設置は可能となるため、セキュリティ会社などに依頼して取り外してもらいましょう。取り外したブザーは、内窓に取り付けることもできるので、ガラス交換によって防犯性能を失うことはありません。
TOPボタン